OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

Googleが提供するボット遮断のための画像証明機能「reCAPTCHA」が、Osclassでは標準装備されています。
GoogleでreCAPTCHAのSite keyなどを取得するだけで、画像認証が簡単に設置できます。

reCAPTCHAのSite Keyの発行

管理画面左メニューの「設定」>「スパムとボット」に進みます。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

「人間が確かに操作をしているという事を確認することによって、reCAPTCHAは自動的な不正行為を防ぐことができます。キーを取得」と表示されていると思いますので、
「キーを取得」リンクをクリックします。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

GoogleのreCAPTCHAページに遷移しますので、以下の情報を登録の上、画面右下の「Register」ボタンをクリックします。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

LabelこのreCAPTCHAの識別子を指定します。分かりやすい名前であれば問題ないです。
DomainsreCAPTCHAを利用するドメインを指定します。

次のページで表示されるSite keySecret keyをコピーしておきます。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

reCAPTCHAの設定

Osclassの管理画面に戻り、reCAPTCHA欄に以下の値を入力して「変更を保存」ボタンをクリックします。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

reCAPTCHA公開キーSite key
reCAPTCHA非公開キーSecret key

「reCAPTCHAが更新されました」と表示され、
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

「このreCAPTCHAフォームを見ていれば、正しく公開キーを入力したという事です」と表示されればOKです。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

サイトの広告詳細ページなどへ進んで、お問い合わせ部分に画像認証が表示されるようになればOKです。
OsclassでreCAPTCHA利用(ボット対策)

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *